© 2011 by nikoniko hoikuen

目黒区中町 1-39-7

弘洋ビル1,2階

電話

03-3710-3642

メール 

mail@nikohoi.jp

[か]おかだ園長の本音

ご両親が保育園を探すときに、できるだけ保育園の姿が見えるようにしたいと考え、インタビューをしてもらっておかだ園長のこたえる姿をそのまま掲載することにしました。

 

できるだけ話している素の感じを残し、大切なお子さんを預ける相手がどのような者なのか、という、保育園の姿を少しでも感じていただきたいと思います。

 

 ニコニコ保育園園長・岡田美幸のインタビューです。

 

大変長く、2部構成になっています。どうぞ興味のある項目だけお読みください。

 
【Ⅰ部:なぜ認証をとるのか編】
 
1- こんがらがる「認可・無認可・認証」の違い

 -----------------------------------------------------

認証を取る理由をお聞きしようとすると、まずは「認可・無認可とは何か」という話から聞かなければなりません。まずはその辺から教えてください。一般の方は知らないですよね。認可・無認可・認証・区立・・・の違いは?

----------------------------------------------------- 

 

岡田(以下、岡):うーん。間違ったことをHPに載せられないですからね。(図1を参照【準備中】)(正確には『い7:保育園ってすぐに入れると思ってませんか?』をご覧ください)

 

保育園には大きく分けて「認可保育園」と「認可外保育園」があるんです。東京都の場合は、区が認めたものを「認可」、それ以外のものを「認可外」といいます。認証も無認可と同じです。図に描くならば(図2を参照のこと【準備中】)こうです。認可はこちら(A)で、認可以外の保育園(B)は、「認可”外”保育園」といって、認証も無認可もこちらに入ります。

-----------------------------------------------------

”無”認可が「認可”外”保育園」に入るんですね?

----------------------------------------------------- 

 

岡:いえ認証も”無”認可も含めて「認可外保育園」です。

 

 -----------------------------------------------------

認可と認可外では、どういう違いがありますか?

-----------------------------------------------------

 

 岡:「認可”外”保育園」は、直接入所方式と言って、入所の申し込みを、親が保育園に直接申し込むんです。それに対して認可は、自治体に申し込みます。(その他の主な違いは表1を参照のこと【準備中】) 「認可保育園」のほとんど区が運営しているものなので、「区立」です。でも条件さえ満たせば、民間でも開けるんです。「認可園」を開くためには色々なハードルがあって、それは広さであったり、施設であったり、そういう設備の面での決められたことをクリアすればですね。

 

 -----------------------------------------------------

どういう条件があるんですか?

-----------------------------------------------------

 

岡:広さ、施設、職員の数、ですよね。今は園庭はなくてもよくなりました。今はすごく規制が緩くなっているので、規制という面でいえば、認証も認可園も変わりはなくなってますけどね。

 

 -----------------------------------------------------

認可イコールほぼ区立。ただし、条件を満たせば民間でも認可のところもある」ということですね。そして認可”外”保育園というのがあって、その中に、認”証”保育園と”無”認可保育園がある。認証かつ無認可であるということはないんですね?

----------------------------------------------------- 

 

岡:ないない。ないです。こんな話ばかりしていたら、こんがらがって頭が痛くなりました(笑)

 -----------------------------------------------------

まとめると、認可保育園は区が指定し、認証保育園は都が指定する、ということですね。あれ? では、無認可保育園は誰が認めているんですか?自由に誰でも経営できるんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:無認可も決められています。広さとか設備とか。ある程度決められています。 

 

-----------------------------------------------------

決められている?誰が決めているんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:区の条例によって。

 

 -----------------------------------------------------

では、区によって違うんですね?

----------------------------------------------------- 

 

岡:はい。ただ、どの区も大体同じような条例を使ってますよね。それは、東京都からも補助金が出ていたから、東京都と自治体で決めた条例が全都の「保育室要綱」という形で載せられています。自治体によっても多少違っているところもありますが、広さとか施設だとか、手洗いが子どもの部屋になければいけないとか、細かな施設面での決まりは、どの区も一緒です。

 

 -----------------------------------------------------

区によって決められているのに無認可保育園なんですか?区によって「あなた達は無認可保育園ですよ」って認められてるってことですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:そうですね。認められてるんですよね。なぜかと言うと、補助金が出てるから。私たち(ニコニコ保育園)は、補助金が出されている団体。例えば、24時間預かるベビーホテルっていうのがありますよね?

 

 -----------------------------------------------------

あれは本当の無認可ですね?

----------------------------------------------------- 

 

岡:そうです。でもああいうところは「無認可保育園」とは言わないですよね。やっぱりベビーホテルとか。無認可”外”保育室じゃないですか(笑) よく分からないけど。

 

 -----------------------------------------------------

区が認めていないんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:一応立ち入りはしますよ。どういう保育水準を保っているのかを区が見に行きますよね。でもそれは全く罰則もないし。私たちの場合は、罰則があります。補助金が出されなくなりますから。

 -----------------------------------------------------

では、認可外保育園に話を絞って、認証保育園と無認可保育園では何が違うんですか?

-----------------------------------------------------

 

 岡:認証保育園は、東京都が指定したものだから、東京都が要求する項目を満たさなければなりません。広さとか、駅からの距離・・・、1番違うのは、設備や広さですね。

 

 -----------------------------------------------------

無認可と認証とでは、どちらがいいというのはありますか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:そりゃ認証の方がいいです。これを話すと時間がかかるんですけど、最も大きな違いは、子ども1人あたりのスペースです。無認可は、0歳児で言うと・・・・0歳児が1番違うんですけど・・・・0歳児は無認可の場合は2,2㎡です。それに比べて認証は3,3㎡です。その広さの違いってすごくないですか? 1㎡違うんですから、すごくないですか?10人いたら10㎡違うんですよ。 それと、バリアフリーです。障害を持っている、車椅子を使っている人も利用できる保育園でないといけない、というのが認証なんです。そのためには、色々な設備に制約があるんですよね。「誰でもトイレ」と言って、車イスの方でも入れるようなトイレがなければいけない、とかね。

 

 -----------------------------------------------------

職員で車イスの方もその中に含まれますか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:職員は含まれないんじゃないですか。父兄は含まれますね。父兄は利用者ですからね。今のところニコニコでは、そういう方はいませんでしたけど、そういう方のことも想定した設備でなければいけない、ということですね。でもおかしいんですよ、2階に保育室があったとしても、エレベーターの設置は義務付けられていないんですよ。階段を全部スロープにするんだんて考えられないですよね。でもまあ、色々決まりがあるんです。 

 
2- 保育園経営は大変です

 -----------------------------------------------------

なぜ認証をとろうと思ったのですか?どれくらい大変だったんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:それは社会に向けての発信になりますね。「なぜ認証をとりたいか」、簡単ですよ。それは認証しか生きる道がないからです。保育園の経営は、親の保育料と補助金でやっていくんです。認証の制度ができてからは、ニコニコ保育園のような「無認可の役割は終わった」と言われていて、補助金がどんどん打ち切られようとしています。もし補助金がなくなって、親の負担だけでやるとするならば、いくらになるか分からないくらい親の負担が増えるんですよ。認証に進むしかないんです。

 

 -----------------------------------------------------

補助金というのはいくら出ているんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:今の無認可の場合は、東京都と目黒区で、0歳児だと8万5000円くらいです。

 

 -----------------------------------------------------

都と区の2つを足して、8万5000円ですね?

----------------------------------------------------- 

 

岡:はい。 

 

-----------------------------------------------------

認可の場合は?

----------------------------------------------------- 

 

岡:親の年収によるんです。

 

 -----------------------------------------------------

他に認可と認可外の違いはありますか?

-----------------------------------------------------

 

岡:沢山ありますけど、経営責任ですかね。認可では、自治体が経営に対して公的な責任を負います。それに対して、「認可”外”保育園」では、経営の責任は追いません。保育の全般は園任せです。

 

 -----------------------------------------------------

金は出すけど口は出さない、ということですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:いえ、金は出すけど口も出す、ということです。ただ、経営の責任を負わない、ということです。やりにくいです。口も出すなら責任も負うのが普通ですよね。

 

-----------------------------------------------------

なるほど。

----------------------------------------------------- 

 

岡:余談になりますけど、ニコニコ保育園の収支決算を出す時に、毎年赤字になるんです。うちの会計士がこう言うんです。「職員の給与抑えました。色んな経費を抑えました。でもやっぱり赤字になります」って。何が問題なの?と聞いたら、「補助金の出し方に問題がある」って。 保育園が儲からず、しかしつぶれずトントンになるようなそういうやり方で、自治体なり国が補助金の設定をしていると分かったんです。生かさず殺さずってことですよね。でも無認可保育園はなくなりつつあるんですよ。補助金がでなくなりつつある。「無認可保育園の役割は終わった」と。 

 

-----------------------------------------------------

誰が言ってるんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:東京都です。。。。「終わった」という言い方だったかな。言葉では「教育の質の向上を目指す」ということだと思います。キレイな言い方をすれば。

 

 -----------------------------------------------------

随分違う言い方ですね。

----------------------------------------------------- 

 

岡:そりゃ違いますよ。私たちは、終わったなんて思ってませんから。でも相手は思ってるんじゃないですか。ただ、もちろん理解できる部分もあるんです。

 
3- 確かに認証の意義も理解できます

 岡:私の子なんかすごい古い古い保育園に行ってたものだから、掘っ建て小屋みたいなところにいた子が、・・・・今はもうないんですけどね、そういう子がある程度ちゃんとしたコンクリートの地震にも耐えるような保育園に移動したら、そりゃ親はホッとしますよ。自分の子どもの命を保証してくれる保育園に入れたいと思いますよ。 

 

避難訓練のたびに、「私たちは本当にニコニコの建物の中で命が助かるのかな?」と思いながらやってきたけど、この間の地震でやっぱり思いましたよね。倒れちゃうかもしれないな、って。 (編集注:このインタビューは2011年に行われたもので、その後、耐震性の新しい建物に保育園は移りました)

 

それから避難する方向が2箇所ないとダメなんです。ニコニコでは表の玄関から入って行きますが、あれだけでは、無認可も含めてですけど、避難できるスペースがないということで、改めてベランダをあけてスロープをつけたんです。わざわざ。前の園長が。そうしないとあそこ(の場所)は使えなかったんです。2方向避難経路が確保されているということは絶対の条件なんですね。そして2方向避難経路というのはただ単純に玄関が2方向あればいいっていうのではなくて、その出ていった先が、別々の道路、何かあったときにその道路が安全が確保できなかった場合、違う道に避難できるということ、それは合理性があると思うんですね。 

 

子どもを預かる施設というものは、親が安心できる施設じゃなきゃいけないって。だからそういったことを考えて認証保育園というものを探していたわけです。その他にも色々ありますけれども。

 

 
4- 認証をとるのは大変。悔しい思いもしました

 -----------------------------------------------------

認証は、いつできたんですか?

-----------------------------------------------------

 

岡:10年以上前ですね。ベネッセだったかな・・。でもそれはそれで、保育園ができるのはいいことだから。でも、何が困ったかというと、株式会社が参入したことで儲けの対象になるということが分かっちゃったんですね。それをやったのが多分、青島都知事が言い始めたんじゃないですか。石原都知事はそれを実行したんだけど。 

 

それはともかく、ニコニコ保育園を受けとった時には、前の園長は24年間やってきた園長業をやめて、「第2の人生をやろう、保育は十分にやってきたんだから」という感じだったんですよね。私は先ほども言ったように、逆だったんです。病気をしてしまったから、自分のやりたい保育を満足にやれなかった、こんなことで人生を終わってしまっていいのか、という思いがあったんです。 

 

だから「保育士になった時点でニコニコとつながる運命だったんだ。これはめぐり合わせなんだ、やるしかない」、って自分で思いこんで、引き受けた。だから潰すわけにはいかなって。自分もそこであきらめちゃったら、自分に後悔するというわけじゃないけど、「やるだけやってダメだったらしょうがないけど、戦う前から白旗揚げるわけには行かないな」っていうのがずっとあって、これはできるんだ、って思ってるんですよね。保育園をやってきて、色々悩みました。うつ病になるんじゃないの私って。園に行きたくなくて行きたくなくて。でも負けてられないって思ってるんです。 

 

だから「無認可はもうダメ。認証に向かうしかない」って言われた時には、そこに向かうしかない、ってのが私の考え方だし、私がダメって言ったら、ニコニコの職員はみんな路頭に迷っちゃうんですよ。彼女たちがやりたい保育っていうか、さ。保育って何かっていう。子どもを育てたこともない子たちが、この場で子育てをしてるわけですよね。すると彼女達にとっては、ここの保育がこれから子どもを育てていく1つの柱みたいなものですよね。 

 

探ってもらいたいなって思ってるんですよ。私は自分の子育てしたけど、大間違いしちゃったから、子どもを育てるってどういうことなのかって、自分自身もすごく探ってるんですよね。だから上からの押し付けとか、「ねばならない」というのではなくて、子どもってどうやって育っていけば1番いいのかっていうことを、親も職員も探ってくれる場になればいいな、って思って。だからこれでいいっていうものはないと思っているんですよ。 

 

保育園をやる価値っていうのは・・・、人間を育てていくっていうのはやっぱり、時間がかかるってことだと思うんですよ・・・、そういうものに取り組めるっていう人たちは幸せだなって思うんですよ。私も含めて職員もそうだし、親もそうだし、そういうのをみんなで共有して、子どもを育てるって楽しいねって言える、そういう集団が広がれば、もうちょっと世の中楽しくなれるのかなぁって。 

 

だからこそ経営するってことと相反することがあって難しいなぁって思うんですよね。その困難は困難だけど、困難だって思えば困難だろ、って。

 

 岡:認証として認められるためには、建物の要件に「最新の設備でなくてはいけない」という決まりがあるんです。それから「建築確認検査済証(けんちくかくにんけんさずみしょう)」というものも必要です。 

 

建物を建てる時に「この建物がどういう用途で建てられるのか」というのをまず出すわけですよね。これを区に持って行くと、建てられた後に検査に来るんです。これはちゃんと建てる前のものと一致しているかどうか。例えば、違法に何かが建てられていないか、増築されていないか、とか。そういうのを区が見るんです。それで建築確認検査済証に印鑑をもらうと、区からお墨付きをもらったということなんです。 

 

でも・・・・ないんですよ。建築確認検査済証というのがついた建物というのは、古い建物ではほとんどあり得ないんです。自分たちが土地を見つけて建てない限りは、それでうちは難航したんです。もう探して、探して。

 -----------------------------------------------------

どれくらいの期間探していたんですか?

----------------------------------------------------- 

岡:5年間です。

 -----------------------------------------------------

5年間も探し続けたんですか?!

----------------------------------------------------- 

 

岡:真剣に探したのは3年前かな(笑)でも! やっぱり探しましたよ。ネット見たりとか、不動産サイトとかっていうのですか、そりゃ見ましたよね。ガンガン。何回も見に行って不動産屋に嫌がられちゃって。ほとんどないですよ。見つかりません。 

 

 -----------------------------------------------------

他にはどんな条件が必要だったんですか? 「不動産を見に行ったけど、たった1項目を満たさなかったためにその場所は諦めたことがあった」とおっしゃってましたよね?

----------------------------------------------------- 

 

岡:そうです。建築確認検査済証、それから、耐震の建物じゃなかった、昭和56年以前に建てられた建物は、・・・・確か新潟沖の震災の時でしたかね、それ以降の建物は耐震の補強をちゃんとしなさいという、法律が施行されて、以降の建物はちゃんと補強がされている建物だと見なされているんですよ。 

 

で、うちが「絶対ここ!絶対ここいいよ!」というところがあったんですよ。もうここは絶対いい!と。駅からも近くて便利な場所で、こんないいところ他にないよ、というくらいいい場所だったんですよ。私、もう、目をギラギラさせて、法務局に行って、誰がオーナーか調べて・・・でも、ダメだった。耐震の建物じゃなかったんです。あの時の落胆はちょっと忘れられないですね。。なんと言うことでしょうということです本当に。

 

 
5- なぜそこまでして認証をとらなきゃいけないの?

 -----------------------------------------------------

でも、そこまでして本当に、なぜ認証をとらなければならないんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:「無認可はもう無理」と言ってやめることも選択の1つですよね・・・ってやめるわけないでしょう(笑) でもこの部分を説明しようとすると長くなっちゃうんですよね。これはどうしたらいいでしょうか? 

-----------------------------------------------------

それはもう、話してもらわないと。

----------------------------------------------------- 

岡:これからの認証の苦難を乗り切る、それを乗り切るエネルギーが自分のどこなのか、ってことでもあるんですよね。(このインタビューはニコニコ保育園が認証を取得する前、無認可保育園時代に行われました)

 -----------------------------------------------------

そうです。なぜそこまでして認証を・・

----------------------------------------------------- 

 

岡:ね。今その葛藤ですよ私。私が生きている間に借金返せるのかな、ってまずそこですよね。自分でも本当に悩み続けています。何でやりたかったのかな、私って。まず、前の園長から引き継ぐ時に「認証とってね」って頼まれたっていうのがあって(笑) 前の園長から「もう、そこ(認証)しか生きる道がないわよー」って(笑) 笑ってるけど本当なんですよそれ(そこしか生きる道がないの)は。 

何でかって言ったら、あの時ニコニコがすでに40年近くやってきたときだったから、「岡田さん、ニコニコ保育園の園長やらない?」って言われて「えー、私できないよ」って答えて。勧めてくれた人は、東大駒場の園長なんですけど、・・・あの人も何十年やってるんだろう。。30年以上やってる人じゃないですか。当時はいくつも無認可があって、協議会とか作ってて、どんどん運動やって、そうやってやってきた1人がうちのニコニコの前の園長だったんです。だけど、だんだん経営が行き詰まったり、認証ができてきて無認可保育園がつぶれていっちゃったんだから。。。 認証ができたのが分岐点ですね。

 
【Ⅱ部:おかだ園長の保育士歴編】
6- 保育の仕事が好きだったのに。。。辞めざるをえなくて・・・

 ------------------------------------------------------

少し振り返って、岡田さんは20代から保育をやっていたんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:22歳だったかなぁ。。。20歳で卒業して、2年くらいは高校の家庭科の実習助手だったんです。そして同じ町内の保育園に勤め始めたのが22だったかなぁ。それから3年間やりまして、26歳で東京に出てきて3年間勤めて、それだけなんですよ私保育の経験って。 

 

その後、東京に戻ってきて上の子が3つの時に、ある企業の中の保育所に勤めたんです。それが劣悪な環境で、うなぎの寝床みたいなマンションの、窓が1つしかないような一室で、テレビを見ながらおばさんが保育してたんですよ。私はもう、ものすごく衝撃を受けちゃって。ここにいる子達はお弁当も仕出しの弁当で、小さなプラスティックの容器に、揚げ物ばかり入ったごはんを、ちっちゃい子でも食べているんですね。そして、一日中家にいるんです。びっくらこいちゃって。 

 

保育士の免許を持ってないおばさんがそこで看てたんですけど、そのおばさんが休んだ時は、友達をアルバイトに頼んで呼んで来て、近くの公園まで子どもたちを連れて行ってました。

 

 -----------------------------------------------------

家庭的ですね〜

----------------------------------------------------- 

 

岡:夏はプールもないんですよ。だから4畳半くらいの部屋にビニールプールを持ってきて、プーっと膨らませてそこにみんないれて。。。そんな保育室に1年くらいいました。 

 

-----------------------------------------------------

そして・・?

----------------------------------------------------- 

 

岡:そして。。。それから、保育士歴がないんです。そこで私病気になっちゃって。だから実質保育は10年ちょっとですね。

 

-----------------------------------------------------

それでもう無理だなと思ってたんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:うん。からだが、そういうからだじゃない。ですよね。子どもを持ちあげられない。自分の子さえ抱っこできなかったんですから。自分にはそういうのは無理だろうなぁって。それに私の病気ってすごくストレスなんですよ。甲状腺がはれてきたりとか。

 
7- 復活してすぐに保育士から園長へ? 引き受けようかどうしようか迷って・・・ 

 -----------------------------------------------------

そして10年以上振りに復活した・・・

------------------------------------------------------ 

 

岡:そうですね。10・・・16年ぶりですかね。私の人生は何だったんだろうか、って。私はずっと保育の仕事を、自分の子育てもしたけど、やりたかったことが病気でできなかったってことが、ずっと心にひっかかっていて、まさか保育の仕事に戻れるとは思わなかったけど、何とかからだが復活したし、再発するかもと言われていたけど、しなかった。最後は自分のやりたいことをやって死のう、と、そんなことを考えて保育の仕事に復活したんですよ。それが派遣だったんですね。 

 

私の年齢で即戦力だから、派遣先も重宝してくれたし、私も頑張り屋だから、若い人に負けられないと思って頑張って、わりと派遣先からも次の派遣先を何回も何回も打診されました。あれは。。。働きはじめたのが9月だったから、10月か11月には、次の派遣先を聞かれたくらい、ま、足りなかったんですよね。品川って、非常勤だとか派遣で持ってるところがあって、私たちは重宝されるんですよね。

 

でも私思ったのは「派遣でやるのはイヤだな」って。やっぱり小手先で。。それよりは、自分が納得できる保育をしたい。そうするとやっぱり、無認可保育園かなって思ってたのね。でも無認可で、どこが保育士を探してるのか分からなかったし。 

 

そこで駒場保育園に私の友達がいたから、相談に行ったんです。彼女は私が保育を志した時から一緒に働いていて、駒場に30年くらいいるんですけど、彼女に相談に行ったら、園長の落合さんに「ちょっとちょっと話がある」って突然呼ばれたんです。 

 

「ニコニコ保育園がつぶれそうだから」って。「だからあなたが園長にならないとニコニコはつぶれちゃうよ」って。「この人何言ってんだろう」って思いました。私はもう10年以上も保育を離れていたし、体力的に自信もないし、使われて働くんだったら割りと無責任にできるじゃないですか。でもそういう(園長という)立場でやってくれって言われた時に、「できるかなぁ」って。でもこれは巡り合わせだなって思って、もう1回自分を試せるんじゃないかって。自分が納得できるまでできるのかな、って、その時に、(私は)すごくポジティブな人だから、そこで自分が、自分らしさみたいなものが発揮できればいいのかな、って思って。夫にも相談せずに決めちゃったんですよ。サラッと。やるだけやろうって。 

 

-----------------------------------------------------

その場で決めたんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:いやー、そんなことしないですよ。「ごめん、保留にさせて」って言いましたよ。でもそんないつまでもおいておけないじゃないですか。だってニコニコは園長がやめるって言ったって、職員がいるわけですよ。その職員たちは来年の3月でここを閉めなきゃっていう、ちょうど、10月の末だったんですけど、何かそれが自分の問題みたいになってきちゃって。その職員が路頭に迷うって思うじゃないですか。ああどうしよう、っていうのが、ニコニコとの出会いだったんですよ。

 -----------------------------------------------------

先ほど、「やりたいことをやらずに死ねない」というのは・・・

----------------------------------------------------- 

 

岡:大げさですよね(笑)

-----------------------------------------------------

「保育」をやりたかった? それとも、何でもよかった?

----------------------------------------------------- 

 

岡:何でもよかった・・・? 何でもよかったとは思えない。自分が生かされる場所。。。自分が何で保育士になりたかったのかっていう最初のところ、「自分は何で保育士になりたかったんだろう」って、そんなこと考えましたよね。 

 

でも、やっぱり保育の仕事、やり残したなぁって思いましたね。だって、からだが壊れちゃって、やれなかったから。もしあの時に体調がよかったら、保育の仕事復活したかもしれない。これでもかってやって。こういう性格だからさ、だめになるまでやるんだと思うんですけど、自分が納得できるまでやってダメならやめるっていう、そういう選択ができなかったですね。 

自分のからだはダメだったけど、保育ってものに諦めはなかったから、子どもをもちながら・・・・あ、そうそう思い出した! 自分の子どもをもちながら保育をやりたかったんだ!だって、お母さん達と同じ立場じゃないですか。共有、共感できるところ一杯あるじゃないですか。そこを確かめながらやりたかったっていうのが、それが保育園の仕事を選んだ1番だったかもしれないですね。

 
8- 再びなぜ認証をとるのか? 認可ではダメなのか

 ------------------------------------------------------

先ほど「やるなら無認可保育園だな」と最初に思ったとおっしゃいました。それから、今回も認証保育園になるわけですよね? 「やるなら認可保育園だな」とは思わなかったんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:思わなかったですね。認可保育園だとすごく色んな制約があって、認可保育園で半年アルバイトして派遣でやってきてたから、どれだけ認可園の保育士が言いたいことも言わずに、管理者に気を使いながら保育やっているか、っていうことを知っていたから。もちろん、親御さんの負担を考えると、認可園の方がいいに決まっていますけど。 

 

-----------------------------------------------------

気を使う管理者というのは・・・

----------------------------------------------------- 

 

岡:園長。民間の認可園の中には、ちゃんとポリシーを持ってやっている園長もいますよ、もちろん。経営者もいますよ。でも多くの認可園の園長は、言いたいことも言わせず、「親のニーズに応える保育」っていうことをやってる。親のニーズに応える保育って間違ってると私は思いますよ。 

 

親のニーズに応えるってことばかりだと、親の働き方も含めて、「それは違うよ」って言えない。それだと親が働き方を変えることができないじゃないですか。そもそも、そういう国のあり方、働かせ方に問題があるってことに、どこかでやっぱり問題意識を持たないと、親との距離を縮めることができない。あのままでいったら、親たちは、働け働けの号令の中で、「保育園も応援するぞー。夜中まで働けよー。保育園が子どもを看てやるぞー」って、そういう号令をかけられ続けるし、私たちはその音頭とりをやってるみたいなね、そんな感じしましたよ。 

 

-----------------------------------------------------

いつ思ったんですか? 認可保育園にいる時に?

----------------------------------------------------- 

岡:うん。だから親とのトラブルをなくそうっていうのが、まず、認可保育園の合言葉のひとつ。モンペ、モンスターペアレントに対して、保育園としては関わりをできるだけ持たないように。そういうモンペが出ないように。 

-----------------------------------------------------

では、岡田さんはトラブルがあっても、いいと思ってるんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:トラブル? 親と?

 

-----------------------------------------------------

そう。

----------------------------------------------------- 

 

岡:もめないようにするのが1番だと思います。でもそれは、単純に親の言いなりになるということではないと思うんです。どうやって親と距離を縮めるか、そういう努力や工夫というのを、やっぱり預かる側はやるべきだと思ってるんです。色んな親がいるからね。

 
9- 信頼される保育士になりたい

 岡:私、1番、失敗したと思ってることがあったんですけど・・・妊娠してるお母さんのお子さんをあずかったんです。一時保育だったんですけど。 

 

-----------------------------------------------------

いつ頃ですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:(ニコニコに)勤めて2年目です。園長として勤めるなんて、かつて今までなかったから、管理者になるなんて今まで思ったこともなかったんだけど、その時につくづく思ったんですよ。まずは親の話を聞こうじゃないかって。その上でこのお母さんは何を求めているのかを、聞いてあげるべきだったなぁって。 

 

そのお母さんは妊娠中で、上のお子さんをうちに(ニコニコ保育園に)あずけて、お母さんの妊婦検診とか、そういう時間が(上のお子さんがいると)もてないから、預かってほしいということで、預かったんです。私たちはそのお子さんに対して、怪我をさせないとか、それはすごく気をつかったんですね。お父さんもお母さんもそのことはすごく気にされていたので。 

 

でも怪我させちゃったんですよ。小さい小さい怪我なんですけど、それをお母さんに説明した時にお母さんがすごくショックをうけちゃって。他にもあった。熱がちょこっとしかないのに、「37度5分以上あったらお電話します」って言ってて、お母さんが迎えに来たら熱がすごく下がっていたとかさ。そうしたらお母さんがものすごく気にしちゃって。。。 

 

そのお母さんは結局ニコニコをやめてしまったんですけど、後から思ったんです。「ああ、そうか。。」って。「妊娠中のお母さんはすごくナーバスになってるのに、こちらも同じようにナーバスになりすぎて、お母さんが安心できる場所じゃなかったんだな」って。もっとどっしり構えてあげて、「これくらいの怪我は大丈夫」、熱が多少上がっても「大丈夫よ」って言える、自分に自信がなかったって、そう思いました。親の話をまずは聞いてあげる、こちらの姿勢が求められているんだな、って。 

 

職員は特に、こちらが思ってることを親がやってくれないと、「もう」って思っちゃうんですよ。「何か言っても聞いてくれない」とかさ。でも、そうは思っても、お母さんの1日の活動をみれば、できることとできないことや忘れることなんていっぱいありますよね。そういう、親の立場に、自分は立てなくても、少しでもこちらが近づこうという気がありさえすれば、親は分かってくれますよね。私はそう思ってるんですよいつも。 

 

区立で働いていた時に、親とできるだけ話をするな、とか、命令口調になるな、とか、とにかくそういう規制がとっても沢山あったんですよ。「(親と)子どもの話しをするな」って言うんですよ。立ち話をするな、とかね。仲良く話していたら、それを誰かがちくったりするんですよ園長に。「◯◯先生が◯◯ちゃんのお母さんと長く話してたよ」とかさ。「何だ~これは」というのが結構あったんですよ。「(親に)保育園の悪口言ってんじゃないの?」なんて疑われたりさ。

 

そういう風に見られがちだったんですけど、私は思っていたんです。親とそういう立ち話をすることで、保育園の保育士は自分の子どもと、より長い時間接しているんだもの、親の知らないことを知ってるわけだから、親も知ることができるじゃないですか。

 

それさえもダメだって言う、それって何だろう?って。子どもはモノじゃないのに。って。 だから、親とどれだけ親しくなれるかってことじゃなくて、親にどれだけ信頼されるかってことだと思うんですよね。

 
 10- でもどうやって?(どうしたら信頼される?)

 -----------------------------------------------------

どうやって信頼されるようになるんですか?

----------------------------------------------------- 

 

岡:信頼されるための色んな方法はいくつもあると思います。うちの保育園は保育参観やったり、家庭訪問やったりしてます。 

 

もうほとんど家庭訪問なんてやってるところないんです。でもうちらは行くんです。親の色んな希望を聞いて、例えば、土曜日しかないって言えば、土曜日に時間外で働くんですよ。1時間くらい行って、おしゃべりして、家での子どもの様子を見たり聞いたり、「お父さんとお母さんはどこで知り合ったの?」なんて聞いたりして(笑)

 

それで、親と私たちが仲良くしているのを子どもは見てるんですね。すると、「あ、お母さんと先生笑ってる」とかさ、そういうのを見て子どもって、私たちのことをより信頼してくれるんですね。そういう親と距離をどう縮めるかっていうことが、私たちの仕事だと思ってるんですね。 

 

ただね、言葉で説明はうまくできるんです。でもそれを実践でできるかって言ったらなかなかできないんです。さっき言ったみたいに、4月に入ってきたお母さんとね、1ヶ月、2ヶ月じゃ信頼関係はできませんよ。だけど、それでも親は預けなければ働けないから預けるんですよ。だから(5月の)今は、10個信用するところがあったとしたら、1個か2個か3個くらいじゃないですかね。それを、どんどんどんどん信頼されるところを私たちは作ってるところだから、保育士も、親を信頼できる、自分も信頼してもらえる、そういう人にならなきゃダメなんだと思います。 

 

人間的に「この先生なら」って、「全面的に、うちの子の命預けられるわ」って思われる人にならなければ、保育士やってる醍醐味ってないんじゃないですかね。 

 

私はだからそうやって自分でうまく口で言うけど、じゃあ私はそうやって人を、その子どもをさ、その22人の命を全員守れるのかって言ったら、私1人じゃできないわけですよ。だからやっぱり職員と、どうコミュニケーションとって、この職員と私がうまくやれるか。「あ」っていったら、「い・う・え・お」って言ってくれるかっていう、その関係を築くために、私がやせ細って苦労したとしても、それはそれでおもしろいんじゃないですかね。そういう人間関係を作んなきゃ、っと思ってるんで、私たちも学んでいるんじゃないですかね?

目黒区中町 1-39-7

弘洋ビル1,2階

電話

03-3710-3642

メール

mail@nikohoi.jp

東京目黒の認証保育所
ニコニコ
保育園

NEW